電子タバコのVAPE

禁煙お助けグッズの電子タバコを購入した経験がある人は多いです。しかし、実際に試してみたが、タバコを吸った気持ちになれず、禁煙に失敗した人も多いです。実際に火をつけて煙を吸うのではないので、ニコチン中毒の人はなかなかやめることができません。ニコチン入りの電子タバコは日本では販売されていないので、ニコチンパッチやニコチンガムを試してみるといいです。もし、タバコを吸うことが習慣になっている人は、電子タバコで禁煙に成功する可能性があります。電子タバコの中でもVAPEは、リキッドの種類が多く、お菓子風味のものまであります。他の電子タバコに比べて煙の量が多いので、実際に吸った気持ちになりやすいです。子供がいる家庭などは家の中で吸うことができません。副流煙で子供が喘息になってしまう可能性もあるので、家の中だけVAPEを使うという方法もあります。



VAPEとは何か国内での状況



VAPEとは電子タバコという新しいタイプの嗜好品を指します。日本ではまだあまり浸透していませんが、従来のタバコとはどう違うのでしょうか。電子タバコはたばこに似た形状の吸引器を口にくわえ、専用カートリッジ内の液体を電熱線の発熱により霧状化し、その微粒子をたばこの煙のように吸引します。従来のタバコが葉を用いるのに対して火気を用いない上に、燃焼に伴うタールや一酸化炭素なども発生しません。たばこの先端から副流煙は発生しませんが、健康への影響についてはまだ分かっていません。日本国内では外国とは違い、液体ではなくたばこポットと呼ばれるたばこの葉が詰まった専用カートリッジを使用します。たばこポットの種類もメビウスやピアニッシモなど従来のたばこブランドの銘柄を取り扱っています。既存のたばこ店では販売されておらず、公式サイトからネット販売するのみでしたが、2014年に原宿のカフェにおける対面販売が実現しました。



VAPEの特徴を知ろう



今現在、嗜好品の一つであるタバコを吸われているという方はたくさんいらっしゃると思われますが、こういったタバコの中にはニコチンやタールといったあまり体に良くない成分が数多く含まれています。しかし、タバコというものはなかなかやめることができません。例えば口が寂しくなってしまうことなどがありますが、そのような方は、電子タバコであるVAPEというものを使用されてみるのもいいかもしれません。このVAPEというのは海外などで人気の高い電子タバコで、中に液体を入れてタイプのタバコとなっています。これはタバコと違って害などもなく、公共の場でも周りに影響を及ぼさないものとなっています。また味などを選ぶこともでき、中には果実系のものや、かなり面白いものまでありますので、禁煙のため一度利用されてみるというのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

アーカイブ

2017年5月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし